AEON BIZ column

2020.12.21

【英語学習お役立ち情報】人の話を割って入る際の丁寧な表現とは

日本語で話をしていても、話をさえぎるのが難しい場合がありますね。英語になるとなおさらです。今回はやむを得ず話を割って入る際の丁寧な表現をご紹介します。

In many cultures, including Japanese culture, it is considered impolite to interrupt someone when they are speaking. However, there are times when it is unavoidable. For example, a co-worker is stating something you know is untrue, or one member of the group is taking up everyone else’s speaking time.
 
So, what is the best way to interrupt someone politely?
 
The first thing you should do is start the interruption with a brief, polite introduction. Some examples are:
 
“Excuse me. Could I just say something?”
“Sorry, do you mind if I interrupt?”
“I hate to interrupt, but….”
 
If the speaker ignores your interruption, then you can try getting their attention by gesturing with your hand, or by making eye contact with them. If this doesn’t work, then clearing your throat will usually get people’s attention, giving you a chance to say what’s on your mind. Be careful when using the final technique, though, as some people do consider it to be impolite.
 
Good luck, and remember that sometimes, interrupting is necessary.
 
(訳)
日本を含め多くの文化では、人の話をさえぎるのは失礼だと考えられています。でも、やむを得ない場合もありますよね。例えば、同僚があなたの知っている事実とは異なることを言っている場合や、グループの中の一人が話し過ぎていて他の人が発言する時間が無くなってしまいそうな場合などです。
 
では、丁寧に人の話に割って入るのに一番良い方法は何でしょう。
 
まず、手短に丁寧な前置きをしましょう。例をご覧ください。
 
“Excuse me. Could I just say something?” すみません。ちょっと一言よろしいですか。
“Sorry, do you mind if I interrupt?” 申し訳ありませんが、割り込んでもいいですか。
“I hate to interrupt, but….” 話に割って入って申し訳ないのですが、
 
話し手の耳に入らないようであれば、手を使ってジェスチャーをしたり、アイコンタクトを取ったりして注意を引いてみましょう。それでもダメなら、咳払いをするとたいてい相手が気付いてくれるので、自分の思っていることを言うきっかけが出来ます。でもこの最後のテクニックは、失礼に思う人もいるので注意してください。
 
うまく行くことを祈ります。そして、時には話に割って入ることも必要だということを覚えておいてください。
 
いかがでしたか。今回は話に割り込む際の表現を学びました。もしそのような場面に出くわした場合は、今回の表現を使って丁寧に割り込んでみてください。

まずはお気軽にご相談ください! 貴社に合わせた最適な
研修プランをご提案いたします。

お問い合わせ・見積相談お問い合わせ・見積相談

フリーコール 0800-111-111(月~土:10時~19時)フリーコール 0800-111-111(月~土:10時~19時)